シミ化粧品ができることに@一見関係ないクマにも効果がある可能性が!

MENU

青クマのシミ対策とシミ 化粧品について

人は見た目が8割とも9割とも言われますが、見た目が美しいと人を引きつけます。そして、キレイな目は美しい人の必須パーツです。顔の雰囲気も目のキレイさで決まってしまうというのも過言ではありません。

それなのに目の下にできるシミやクマに泣きたくなりますが、諦めずにケアを頑張ってください。目の下のクマには、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」の3種類のクマがあります。

青クマができる原因には、「新陳代謝の低下」や「冷え」「睡眠不足」「疲労」「ストレス」などがありますが、色白の人や、また疲労の中でもパソコンなどで目を酷使している人もできやすくなります。

青クマの原因は、目元の血行不良です。上記にあげた青クマのできる原因に共通しているのは血行不良ですから、血液の流れを良くすることがいかに大事かわかります。

人間の目の周りには、たくさんの毛細血管が張り巡らされていて、何らかの原因で血液の流れが滞るとうっ血を起こし青クマができてしまいます。


私たち人間は生活している中で気がつかずに血行不良にしてしまっていることがたくさんあります。睡眠不足やストレスや疲労も血液の流れを悪くしてしまいます。

そして、現代人はパソコン他で目を酷使して眼精疲労に陥っている人が多いですが目を極度に疲れさせるのも血行不良の原因となり、喫煙も血液の流れを悪くしてしまいます。

その他「運動不足」「シャワーだけの入浴」「体の冷え」「バランスの悪い食事」なども血行不良の原因となってしまいます。青クマの予防や対策にはシミ 化粧品でのケアも欠かせませんが、それと同時に血行を良くすることも心がけてください。

茶クマのシミ対策とシミ 化粧品について

クマには青クマ、茶クマ、黒クマの3種類のタイプがあり、さらに茶クマだけで3種類のタイプがありますから、タイプによって対処法も違ってきます。

茶クマの3種類のタイプとは「血行不良が原因で赤血球が滲み出ている赤クマ」や、「角質肥厚のくすみ」「色素沈着によるシミ」のタイプがあります。血行不良が原因の赤クマは、目の周りの血行を良くするだけでなく、顔全体の血行を良くすることが大切です。

そのためには、シミ 化粧品というよりも線維芽細胞を元気にする成分の化粧品を使用して、血行不良で失った肌のハリや潤い、弾力をUPすることを心がけてみてください。スキンケアは何といっても正しい洗顔が基本です。洗顔時のお湯は32〜34°のぬるま湯で、肌をしっかり濡らしてから洗顔剤をつけるようにして肌への負担を軽くします。

茶クマの色素沈着によるシミ対策は、他のシミ対策と同様に紫外線を避けることやニキビ跡のケアを正しく行って色素沈着が起るのを予防します。色素沈着からおこる目の下のクマはおとなばかりでなく子供の頃からできている人もいます。

現在は20代のある女性は小学校高学年から目の下にクマができて悩んでいたのですが、未だにクマが消えません。コンシーラーで隠しても隠しきれないその茶クマに悩んで美容皮膚科で診てもらったところ、ヒアルロン酸を打つことを勧められました。

ヒアルロン酸を打って影の部分を埋めることで段差がなくなり、アイクリームをつけてもコンシーラーをつけても目立っていた茶クマが全然気にならなくなり、今では1年に1度ヒアルロン酸を打っているそうです。

シミ化粧品でどんなにケアしてもダメな場合は試してみる価値がありそうです。

黒クマのシミ対策とシミ 化粧品について

目の下のクマのひとつ、黒クマは色素沈着のため触ったり向きを変えてみても変化がありません。目の印象は大きいのに、目の下の黒クマには泣きたくなりますが、諦めずにケアを頑張ってください。

茶クマと黒クマは紛らわしいのですが、上を向いて薄くなったら黒クマと言われています。40代以降にできやすい黒クマですが、なかには高校生でできている人もいます。コンシーラーなどで隠す方法もありますが、なかなか隠しきれないのが悩みです。

骨格の関係で凹んで黒っぽく見える人もいますが、凹みを解消するには美容整形しかなく、美容整形をするには勇気もお金もかかります。茶クマを美白成分で集中対策をするスキンケアコスメもたくさん販売されていますので、自分にあったシミ化粧品を選んで続けてみてください。

茶クマだけでなく、できてしまった目の下のシミなどの改善には時間がかかりますから、根気強く続けることが必要です。美白成分にはアルブチンやビタミンC他アスタキサンチンなどがありますが、厚生労働省で認可した美白成分を参考にするのもおススメです。

目の周りのケアで気をつけたいのは目の周りは特にデリケートということです。そのため、マッサージのし過ぎは茶クマになる可能性もありますから、こすり過ぎには気を付けてください。おススメは目の周りの筋トレです。
筋トレによって目の周りの血行が良くなったり、ハリがでるとそれなりに目がキレイに見えるメリットがあります。

目の周りの筋トレの方法は、ユーチューブの動画などを参考にすることをおススメします。